20070324161203.jpg

2009年07月22日

皆既日食

仕事行く前に皆既日食が見れました!

皆既日食…
 日本では、全国で部分日食を観察することができます。また奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部など、皆既日食帯と呼ばれる細長くのびた地域・海域内では、皆既日食を観察することができます。
皆既日食になると、太陽のまわりにはコロナが広がって見られます。また太陽表面から吹き出ている赤いプロミネンスなども観察することができます。空は、程度は日食ごとに違いますが、夕方・明け方の薄明中のように暗くなり、明るい星ならば見ることができます。地平線近くは、夕焼け(朝焼け)のように空が赤く染まって見られます。
日本の陸地に限ると、皆既日食が観察できるのは1963年7月21日の北海道東部で見られた皆既日食以来、実に46年ぶりです。次回も2035年9月2日の北陸・北関東などで見られる皆既日食まで26年間起こりません。非常に珍しい現象と言えるでしょう。


 D1.jpg

福岡では太陽が細くなった姿を見る事が出来ました。

 rfg.jpg

みぃ太郎が写した皆既日食の画像。(画像をクリックしてみて下さい)

 D111.jpg

太陽が半分くらいになっています。

 画像 002.jpg

その10分後にはもこんなに細くまるで三日月のような太陽です。

隣のおばちゃんとお母さんとみぃ太郎の3人で溶接の時に使う溶接マスクを使ってかわるがわる観察しました。
薄暗く曇っていたので肉眼でもはっきり見えました。皆さんの地域では見れましたか?
  

ニックネーム みぃ太郎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BLOG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1793374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック